眞島秀和は結婚してた!干された理由はヨーコ?似てる芸能人も調査!

眞島秀和は結婚してたとの噂を調査!仕事を干された理由はヨーコなの?眞島秀和と似てる芸能人も合せて調査!眞島秀和は隠していた訳ではないが事実婚してたことが発覚!干された理由と言われているヨーコとは一体誰なの?眞島秀和に似てるのは芸能人だけじゃなかったみたい!

スポンサーリンク

 

眞島秀和は結婚していた!

 “眞島秀和(42)が結婚していた!”

11月12日発売の「FLASH」(光文社)が公開しています。

記事によれば、10月31日の19時過ぎ、東京・三軒茶屋の人気とんかつ店で女性と食事している写真。

そのお相手は「ヨーコ」こと渡辺洋香(年齢非公表)さんという方でした。

渡辺洋香(わたなべ ようこ)さんと言えば、女性の麻雀プロ。

まだまだ少ない女流麻雀の第一人者として知られています。

めちゃお綺麗な方です。

眞島秀和さんの趣味・特技が麻雀だといいます。

周囲の人の話だと、雀荘で卓を囲む姿はおなじみで3年前に結婚したそうです。

そもそも、ヨーコさんのブログ内の投稿に眞島秀和さんとの同棲をにおわせる写真や記事が出たこと。

ヨーコさんが数年前にチワワを飼い始めたことをブログで報告。

チワワを介した、話題が目につくようになった。

一方、同じチワワと思われる画像を、アイコンにした眞島秀和さん名義のSNSアカウントが発見されたことから、“チワワの写真の撮影場所が同じでは?”と推定されてしまいました。

チワワの名前がハナちゃんだった事も“バレる”ことになった原因と言います。

過去には、Vシネマ出演経験もある「ヨーコ」さん。

友人の漫画家・倉田真由美氏(48)のヒット作「だめんず・うぉ~か~」にヨーコ会長として登場しています。

自身がオーナーとなり念願だった禁煙の雀荘「fairy」(フェアリー)を2006年2月15日に新宿東口にオープンさせていました。(共同オーナー・杉村えみプロ)

眞島秀和さんとは公式に結婚していないため、事実婚状態らしいです。

公表について、眞島秀和さんは「別に隠してなかったんですけど、公表してなかったので」とコメントしています。

眞島秀和の結婚相手のヨーコとは誰?

渡辺洋香さんの年齢は非公表です。

渡辺洋香 プロフィール

————————————

・名前:渡辺洋香(わたなべようこ)

・生年月日:?年2月1日

・出身:大分県

・身長:153cm

・血液型:B型

・所属:MIYN

【経歴】

・高校1年生の時に麻雀を始めています。

・1997年に最高位戦日本プロ麻雀協会にトップで合格。

・雑誌「雀王」主催の『美少女麻雀杯』で優勝。それを機にプロ雀士になる。

・2002年には初代女流最高位

※『だめんず・うぉ~か~』でヨーコ会長として、ダメンズに悩む女性に対してアドバイスを行っている。

・2004年に『服を着させてください』という写真集を発売

当時、30代であることをほのめかしています。

スリーサイズはB82cm-W56cm-H82cmとのことです。

★生い立ちは?~『ヨーコ会長の恋愛勝負』より

——————————————

・実家は、そろばん塾を経営。

・裕福ではないけど貧しくもなく、ごく普通の家庭で生まれ育ちました。

・幼少期は実家のそろばん教室のおかげで算数が得意な子だったといいます。

・長男が22歳年上、長女が20歳年上、次女が7歳年上ということ。

・母親が48歳で産んだことになる計算となるため他の家庭とどこか違うと思っていました。

・事実を知ることになったのは、中学2年生の時でした。

・病院で保険証を提出した際に「養女」とという文字を目にしました。

・両親と思っていたのは、実は祖父母で22歳年上の兄が父親だったというのです。

・両親は幼い頃に離婚していました。

・さらに自身もバツイチ再婚だといい、前夫は医者だったということを告白しております。

スポンサーリンク

眞島秀和が結婚して干されたと噂に!

結婚して干されたと噂になったのは、眞島秀和さんの出演作品が減ったからでした。

しかし減ったのは2016年のことで、以降はたくさんの作品に出演しています。

そのようなうわさが流れた原因は

・ヨーコさんが自身のブログに同棲をにおわせる投稿をした

・眞島秀和さんはヨーコさんの経営する雀荘で同棲生活をしていた

・発信したのも眞島秀和さん本人ではなく、ヨーコさんだった

・どちらかのファンがそれに気付き、交際ないし事実婚が発覚した。

これらの原因と出演作品が減ったことを結び付けて、根も葉もない噂が流れたのでしょう。

どちらかのファンの嫉妬からなのでしょうか?!

 

眞島秀和の主な出演作は何?

眞島秀和さんは2001年、映画「青 chong」でデビューしています。

★【出演映画】

—————–

・2005年「心中エレジー」

・2012年「横道世之介」

・2014年「るろうに剣心 京都大火編」、「るろうに剣心 伝説の最期編」、

・2015年「悼む人」

・2017年「愚行録」など。

★【テレビドラマ】

——————–

・2012年~2013年テレビ朝日「遺留捜査」

・2014年NHK大河ドラマ「軍師勘兵衛」、東海テレビ「シンデレラデート」、

・2015年TBS「まっしろ」、フジテレビ「赤と黒のゲキジョー『黒い看護婦』」、

テレビ朝日「クロハ?機捜の女性捜査官」、フジテレビ「ようこそ、わが家へ」

・2016年関西テレビ「僕のヤバイ妻」ほか、

★【舞台】

—————-

・2014年「ボクの妻と結婚してください。」

・2015年「道玄坂綺譚」

・2016年「家族の基礎?大道寺家の人々」

おっさんずラブにも出演していた眞島秀和さん。

「おっさんずラブ」といえば、トレンド世界一に2度もランクインするほどの名作。

田中圭さん、吉田鋼太郎さん、林遣都さんなどが出演していました。

ボーイズラブを描いた作品での眞島さんは、林遣都さん演じる牧凌太に思いを寄せているという役どころ。

2018年1月から放映されていたドラマ「隣の家族は青く見える」でも

北村匠海さんと男性同士のカップルを演じていましたね。

「おっさんずラブ」も男性同士の恋愛を描いた作品で、壁ドンにおでこ検温など、女性ならときめいてしまうシチュエーションが多かったです。

★2019年の出演作品は・・・

——————————–

・映画『そらのレストラン』

・映画『赤い雪RedSnow』

・ドラマ『Perfect Crime』(テレビ朝日系)

・ドラマ『土曜ドラマ サギデカ』(NHK)

・舞台『CHIMERICA チャイメリカ』

・CM『にぎわい東北』

・4月に放送を開始したドラマ『坂の途中の家』(WOWOW)、

『スパイラル~町工場の奇跡~』(テレビ朝日系)にも出演中です。

・8月23日には、映画『劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』が公開

~眞島秀和(ましまひでかず)プロフィール~

———————————————–

・名前:眞島秀和

・生年月日:1976年11月31日

・出身地:山形県米沢市

・身長:180cm

・体重:61kg~65kg(推定)

・血液型:O型

・事務所:ザズウ

スポンサーリンク

眞島秀和がチベットギツネに似ている

ドラマ「おっさんずラブ」の放送中、副音声で出演者の会話から出たエピソード。

ドラマの出演者を動物に例えると何に似ていいますか?の問いに

田中圭さんが「キツネかワニに似ている」といっていたそうです。

これに対して監督から「チベットスナギツネ知ってます?」という意見が・・・。

周囲の人も、眞島秀和さんが“キツネと目つきがそっくり”ということを気が付いていたのでしょうね。

以前、眞島秀和さんは「カラスになったおれは地上の世界を見おろした」でカラスと体を交換する経営者を演じたのですが、インタビューでは、

「よく似ているといわれるので一番会ってみたいのはチベットスナギツネだ」と

本人が語っていたようにキツネに似ていることを意識していたようです。

「チベットスナギツネとは見た目以外にも気も合いそうだと思っている」と自分自身も

語ったようです。

眞島秀和と似ている芸能人は誰?

眞島秀和さんの似ている芸能人は仲村トオルさんや長谷川博己さんといったイケメン俳優。

眞島秀和さんは身長180cm、仲村トオルさんも身長が185cmとスタイルは抜群。

一方の長谷川博己さんも高身長で、年齢的に眞島さんとは同級生。

クールで鋭い目元が確かに似ています。

他にも、及川光博さん、ナインティナインの矢部浩之さん、西島秀俊さん達にも似ていると言われています。

共通点は、背が高い、目が切れ長、ということでしょうか。

眞島秀和は韓国人だったの?

眞島秀和は韓国人だった?といい噂がありますが、山形県出身、お父様もお母様も歴とした日本人です。

1999年に初主演をした「青~chong~」在日朝鮮人役のヤン・テソンを演じ、好評を得ています。

韓国人だったの?と言われたのは、そのあたりから出た噂にすぎません。

 

眞島秀和は結婚してた!干された理由はヨーコ?似てる芸能人も調査!まとめ

 2001年、映画「青 chong」でデビューしたといいますから、

下積み生活が長いことになりますが、仲村トオルさん、長谷川博己さんといった

高身長イケメン俳優の並び称されるほどブレイクしたのは良かったですね。

奥さんも美魔女っぽい雰囲気のある女性で、とてもうらやましい限りです。

男性同士のカップルの次に、どんな役を演じてファンを楽しませてくれるのか

今後の活躍に大いに期待しましょう。

引用:https://mdpr.jp/news/detail/1881710

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする